2011年05月10日

[震災011]被災地ライフラインの現状(5月10日時点)


・5月9日に発表された厚生労働省のデータをもとに、被災における断水・停電状態を整理しました。
・断水被害が生じている戸数はピーク時の160万戸超から、約7.2万戸まで減少。但し、震災発生後3週間は復旧が順調に進んだものの、4月下旬以降は変化が限られており、7万戸近くは中長期に断水が続く可能性も考えられます。
・岩手県では、陸前高田市、田野畑村では以前として90%以上が断水状態。岩手県全体で22,557世帯が断水世帯にあります。
・宮城県では、南三陸町で99%、女川町では67%が断水状態。宮城県全体で42,907世帯が断水状態です。
・福島県では、広野町で78%が断水。福島県全体で6,606世帯が断水状態です。

データは、Google Document上にもアップしました。→「http://bit.ly/sinsai3
こちらは誰でも編集可能です。最新データを更新できる方は、ぜひページを直接修正頂ければと思います。

※  本資料の整理は、山田学さん・丸山さんにお手伝い頂きました。有難うございます!
※※ 「スライドシェア」ですが、右下のボタンでフルスクリーン表示となります。また左上の文字列をクリックするとスライドシェアHPにいきますが、その頁の上部にある「Download」をクリックすることで、PDFファイルをダウンロード入手することができます。

posted by 藤沢烈 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200355228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック