2014年04月24日

[メディア出演] 本日4月24日の22時より、BS日テレ「深層NEWS」にて、私と釜石駐在の山口里美が生出演/浪江町を取り戻すための取組み〜4月24日(木)


郡山駅では福豆屋さんの弁当を買います。(4月23日撮影)

■復興支援日誌4月24日(木)ー1142日目
 このあと、本日22時より「深層NEWS」に出演。UBSさんの支援や、釜石市役所との連携に基いて進められてきた、釜石コミュニティプロジェクト。そのコーディネイトの様子が報じられます。
 (写真のキリンビールは昨日のもの。もちろん飲んでいません笑)

■[メディア出演] 本日24日の22時より、BS日テレ「深層NEWS」にて、私と釜石駐在の山口里美が生出演
 釜石でのコーディネイトの取組が紹介されます。お時間あってBSが映る方、ぜひ御覧下さい。

「被災地…4年目の課題 復旧から復興へのカギ」
【ゲスト】藤沢 烈(RCF復興支援チーム代表理事)、山口里美(RCF復興支援チーム)
番組サイト→http://ow.ly/w4m0M

■浪江町を取り戻すための取組み
 原発20km圏内の浪江町で、NPOの方が花や野菜を植え続けています。昨日伺った役場の方も、今年は「復興の見える化を図りたい」と話していました
「収穫した農作物は県の放射性物質検査を受けたが、ほとんどが検出下限値未満だった。しかし、避難区域内での栽培のため出荷はできず、飼育しているニワトリの餌にした。ネズミやイノシシに野菜を荒らされることもあるが、くじけない。将来、町民が営農を再開する際、放射性物質の影響を受けない農法を教えるため研究を重ねていきたいと考えている。今後は、放射性物質をほとんど吸収しないというブドウの施設栽培を始める。「浪江の農地で再出発する町民を後押しできるよう、活動を続けたい」」
『美しい浪江取り戻す チューリップ鮮やか 昨秋、球根6600個植える
 農業再開へ野菜作り』
http://ow.ly/w6dpS

■お知らせ
□5月1日いわき、5月2日東京にて、大熊町復興支援員説明会を開催
http://rcf311.com/2014/04/11/saiyo_okuma_1404/

□RCFでは常時、復興コーディネイターおよびアシスタントを募集しています。
詳細は→http://rcf311.com/recruit/

□東北復興に関心ある方は、twitterとfacebookのフォローを是非お願いします→
https://twitter.com/retz
https://www.facebook.com/retzfujisawa
(了)
posted by 藤沢烈 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395460335
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック