2014年10月05日

週刊復興ニュース/地方創生へ官僚・民間人を派遣/福島・川内村の避難指示解除/双葉で復興イベント開催(10月5日)

PA011980
釜石六次化研究会への贈呈式にて。

 今週の震災復興ニュースランキングをお送りします。復興に向けた各地の取り組みが少しずつ実を結び、またそうした取り組みが地方創生の名の下に全国に広がる。そうした流れが見えてきたように感じる一週間でした。

【1位】地方創生へ官僚・民間人を派遣 15年度に制度導入へ
「政府は中央省庁の官僚や民間人を地方に派遣する制度を2015年度に導入する方針だ。働く場所づくりなどに取り組む地方自治体の要望に応じて特定分野に詳しい人材などを送る」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS29H1C_Z20C14A9PP8000/

 「日本版シティマネジャー制度」と呼ばれるこの取り組みは、小泉進次郎政務官が、被災地で副市長等で活躍する若手官僚を参考に提言したものです。復興の現場での取り組みが、全国に広がるか。大いに注目頂ければと思います。

【2位】福島・川内村の避難指示解除 住民不安も (10月1日、NHK)
「「避難指示解除準備区域」に指定されている、川内村の東部にある139世帯、274人が避難する地区について、政府は、国による除染が終わり、電気や道路も復旧したなどとして1日午前0時に避難指示を解除しました」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141001/k10015021951000.html

 田村市都路地区に次いで、川内村東部の避難指示が解除です。指示が解除されてもすぐに戻らない方が少なくないのは、放射線への不安よりも、生活基盤が十分でない点にあります。難しいチャレンジが続きます。

【3位】「懐かしい人、味」 双葉で復興イベント開催(9月29日、河北新報)
「福島第1原発事故で住民が避難している福島県双葉郡8町村の復興イベント「ふたばワールド」が28日、川内村の川内小で開かれた。県内外の避難先から約6500人(主催者発表)が集まり、古里の味に舌鼓を打ったり、再会を喜び合ったりした」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201409/20140929_65003.html

 昨年広野町での3000名に対し、より遠い川内村で倍以上集まりました。私も参加しましたが、離れて避難生活を送る皆さんにとって、故郷の皆さんと同じ時間を過ごすことが何よりかけがえの無いことです。

【4位】東北復興へ官民交流会 150団体参加、活動紹介
「自治体と企業、NPO法人などが連携して東日本大震災からの復興を目指す復興庁の「新しい東北」官民連携推進協議会は29日、盛岡市のホテルで交流会を開いた。約150団体が参加し、それぞれの活動紹介やパネル討論会を通じて、新たな取引先の開拓やネットワーク拡大に取り組んだ」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB29H2N_Z20C14A9L01000/

 月曜日に、復興庁が主催となって復興支援の官民交流会が行われました。今回は盛岡でしたが、前回仙台と同じ盛り上がり。RCFやWORK FOR 東北もブースを出し、私はパネルの司会役も務めました。
参考→『内からの復興と、外からの復興 (10月3日)』
http://retz.seesaa.net/article/406452996.html

【5位】釜石「海まん」開発へ 異業種5社タッグ(10月2日、河北新報)
「釜六を設立したのは、酒造会社浜千鳥、水産加工のリアス海藻店、ヤマキイチ商店、三陸いりや水産、菓子製造の小島製菓の5社。2012年に発足し、キリンビールグループの助成金3000万円を受け事業を本格化させた」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201410/20141002_35008.html

釜石六次化研究会が、キリンの助成を受け、商品開発を進めます。「高付加価値の商品開発」を「地域連携」で進める、素晴らしい事例です。RCFも案件形成に務めてきましたが、今後は実行時もフォローさせて頂きます。

■お知らせ
□ビズリーチさんと協働で、「地方創生リーダー」とのタイトルで採用を進めています。エントリーは→
https://www.bizreach.jp/content/sp/chihou_sousei/
 10月8日には、説明会も開催します。せびお越し下さい。詳細・申込→
http://bit.ly/1rJf02V

□10月26日(日)、岩手県北上市にて「ニューオリンズに学ぶ官民一体型まちづくり評価の実際と活用」にパネル参加します。
10http://blog.canpan.info/kitakami/

□最新のインタビュー記事はこちらをご覧下さい。
『「お金でも制度でもない、被災地には人材が足りない」 藤沢烈さん』(9月8日、毎日新聞)
http://mainichi.jp/feature/interview/news/20140908mog00m040008000c.html

□東北復興に関心ある方は、twitterとfacebookのフォローを是非お願いします→
https://twitter.com/retz
https://www.facebook.com/retzfujisawa
(了)
posted by 藤沢烈 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406567032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック