2015年04月16日

ソーシャルインパクトボンド、始まる。(4月16日)

IMG_9679
左は吉田雄人・横須賀市長。

 昨日4月15日、日本財団と横須賀市が協定を締結。「ソーシャル・インパクト・ボンド」を活用し特別養子縁組推進を目指すという、日本初の取組を開始します。
「神奈川県横須賀市と日本財団は15日、民間資金で公的事業を進める「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」を活用し、児童養護施設の子どもの特別養子縁組を進めることで合意した。財政負担の軽減を図るSIBによる事業実施は全国で初めて。今年度はパイロット事業として、日本財団が事業費約1900万円を全額負担する」
『横須賀市:SIBで特別養子縁組 全国初、日本財団が出資』
http://mainichi.jp/select/news/20150416k0000m010092000c.html

 ソーシャル・インパクト・ボンドは、行政サービスを民間投資によって先行実施し、成果に応じて行政が対価を支払う仕組みです。民間資金を通じて公的サービスが加速するという米国・英国で発達したモデルが、日本でも進められることになります。
 RCFは、横須賀市と日本財団のコーディネートを担いました。新しいモデルをいち早く導入するという、横須賀市の決意に感銘を受けていましたし、社会モデルを築くための投資を行うのだという、日本財団の先駆性にも心震える思いです。ここに至るまでに、多くの方にお世話になりました。
 民間と行政の連携は、これで新しい局面を迎えることになります。RCFも、この取組が横須賀を皮切りに全国に広がっていくために、力を傾けていきます。

□参考
「日本初“ソーシャル・インパクト・ボンド”パイロット事業」
http://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2015/40.html

「日本初、ソーシャル・インパクト・ボンドで養子縁組推進」
http://alternas.jp/study/news/58143

■おしらせ
□資生堂と共に、大船渡の椿の里づくりコーディネーター募集中。4/24,25は東京で説明会→http://ow.ly/Lta5p
□5/30の社会的インパクト投資シンポジウムに登壇です
http://impactinvestment.jp/2015/04/529-302.html
□藤沢烈の新著が3月11日に講談社より発売されました。『社会のために働く 未来の仕事とリーダーが生まれる現場』。購入は→http://ow.ly/JI7F3
□RCFが受託している双葉町復興支援員の新規メンバー募集中です。詳しくは→http://rcf311.com/2015/03/19/futaba_bosyu1503/
posted by 藤沢烈 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417372267
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック