2015年04月19日

資生堂と共に、大船渡で椿のブランドづくりに挑みませんか。4/24・25に東京で説明会

P4180754
新宿御苑にて、桜を見る会。(4月18日撮影)

 昨日は、「桜を見る会」に伺い、多くの知人に加えて、内堀知事、岡本次官ともご挨拶できました。さて桜の季節は終わりましたが、椿の取り組みをRCFは進めています。資生堂、大船渡市と共に進めている取り組みについて、東海新報さんが取り上げています。
「大船渡市は本年度から、市の花・ツバキのさらなる利活用を通じて地域のブランド力向上やコミュニティー再構築につなげようと、「椿の里づくり戦略コーディネーター」を採用する。東日本大震災復興にかかる官民のコーディネート役を担っている、一般社団法人・RCF復興支援チーム(本部・東京、藤沢烈代表理事)に事業を委託。ツバキを縁に復興支援に臨む大手企業の応援も得ながら、内外に誇れる「椿の里」を描いていく」
『誇れる「椿の里」描く 戦略コーディネーター初募集 ブランド力など向上図る』
http://www.tohkaishimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws10696

 この取組で重要なのが、現地に駐在しながら、椿のブランドづくりを進めるコーディネーターです。一名の募集ではありますが、RCF釜石チームとも連携しながら、大船渡市農林課と共に業務を進めて頂きます。24日・25日に東京。29日は大船渡市で説明会です。ぜひお越しください。

詳細は→ http://rcf311.com/2015/04/09/tsubaki_saiyo/

■おしらせ
□資生堂と共に、大船渡の椿の里づくりコーディネーター募集中。4/24,25は東京で説明会→http://ow.ly/Lta5p
□5/30の社会的インパクト投資シンポジウムに登壇です
http://impactinvestment.jp/2015/04/529-302.html
□藤沢烈の新著が3月11日に講談社より発売されました。『社会のために働く 未来の仕事とリーダーが生まれる現場』。購入は→http://ow.ly/JI7F3
□RCFが受託している双葉町復興支援員の新規メンバー募集中です。詳しくは→http://rcf311.com/2015/03/19/futaba_bosyu1503/


posted by 藤沢烈 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。