2015年05月06日

コーディネーターが身につけられる、3つのコアスキル(5月6日)

IMG_4087
GW中は伊豆に行きました。

 編集者のモリジュンヤさんに、28日に行われた「RCFコーディネーター募集説明会」を取材頂きました。
「RCFには現在、約60名のスタッフの人が勤務しており、コーディネーターとして様々な場面で活躍しています。コーディネーターとして活動するためのノウハウが蓄積されていっているはずです。将来、人々や組織をつないでいくような仕事をしていきたいと考えている方は、ぜひこの新たなキャリアの詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか」
『「コーディネーター」という新たなキャリアーー地域・社会課題の解決のために重要なセクター間をつなぐ役割を募集中』
http://www.machinokoto.net/rcf-wanted-coordinator/

 RCFで必要となり、また身につくことができるコーディネーター・ノウハウについて、三つ挙げることができます。

1. 問題解決能力
 RCFコーディネーターは全員、何らかの問題解決を担っています。水産業復興、東北への人材仲介、釜石・双葉・大熊でのコミュニティ形成など。いずれも数年後のビジョンを持った上で、到達するための道筋を素早く仮説検証をしながら描きます。その上で関係者とともに、PDCAを回しながら成果が出るまで推進し続けます。

2. チーム形成能力
 RCFコーディネーターはコンサルタントではありません。自分たちだけで問題解決をせず、一般住民、行政、企業、専門家など様々な関係者をまきこみながら進めていきます。仲間を見つけ、それぞれの利害を乗り越え、それぞれ翻訳しながら、解決に向けたチームを作る力が問われます。

3. 政策提案能力
 RCFコーディネーターは、社会が変わることを目的としています。ですから、ある場所で産まれた成果を、最大限横展開することを目指します。そのため、自治体・県・政府といった行政機関に対して政策提言を行い、さらに広い地域・分野に成果が広がるよう働きかけます。

 RCFのメンバーの一員として加わって頂くことで、こうした力を身に付くと考えています。関心をもって頂けた方は、ぜひRCFの採用情報をご覧ください。皆さんと、どこかで仕事をご一緒できることを楽しみにしています。

「採用情報ーRCF復興支援チーム」
http://rcf311.com/recruit/ 


 明日のお題は、『補助金が問題ではない。外部性が問題である』です。ゴールデンウィークも終わりですね。

□参考
「RCFの採用説明会を行いました。現在コーディネーター募集中。(4月29日)ー藤沢烈BLOG」
http://retz.seesaa.net/article/418122022.html

■おしらせ
□5/30の社会的インパクト投資シンポジウムに登壇です
http://impactinvestment.jp/2015/04/529-302.html
□藤沢烈の新著が3月11日に講談社より発売されました。『社会のために働く 未来の仕事とリーダーが生まれる現場』。購入は→http://ow.ly/JI7F3
posted by 藤沢烈 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418486611
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック