2015年09月29日

グロービス堀代表が、インパクト投資ファンドを設立。(9月29日)

IMG_4772
 気仙沼駅にて。

 昨日28日の日本経済新聞で、グロービス堀義人社長が代表を務めるKIBOWが、インパクト投資ファンドを設立したことが報じられています。
「東北の復興支援などに取り組む一般財団法人のKIBOW(堀義人代表理事)は、社会課題に取り組む企業に投資する5億円のファンドを立ち上げた。1件あたり1千万〜5千万円を投資する。地方創生や医療・介護分野を中心とした社会起業家らを支援する」
『社会起業家支援のファンド設立 KIBOW』
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ24HCD_U5A920C1TJE000/

 このファンドでは、社会的リターンと経済的リターンの双方を満たす事業への投資が行われます。二つの成果を達成することで、息長く、社会的成果を実現できる事業の創出を目指しているわけです。詳しくは、次のKIBOWウェブサイトをご覧ください。

「KIBOWインパクト投資とは 〜可能性を信じる投資〜」
http://kibowproject.jp/investment/impact.html


 私も、アドバイザーの末席に加えさせていただきました。

「アドバイザリー・ボードメンバー」
http://kibowproject.jp/investment/team.html

 
 本日も、運営担当者である山中さん、小早川さんと議論予定です。すでに、塩竈の「愛さんさん宅食株式会社」への1,000万円の投資がきまっていますが、この第二弾第三弾について、情報提供できればと考えています。

「投資先団体」
http://kibowproject.jp/investment/borrowers.html



posted by 藤沢烈 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426903809
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック