2015年10月01日

リクルートによるソーシャルセクター支援の取り組み。(10月1日)

全画面キャプチャ 20151001 70424

 リクルートキャリア社が、「リクナビNEXT」を通じて、ソーシャルセクターの人材採用並びに組織マネジメントを向上させるための取り組みをスタートしています。

「ソーシャルセクターにおける人材採用と組織マネジメント力向上を支援する取り組みがスタートー株式会社リクルートキャリアプレスリリース」
https://digitalpr.jp/r/13427

「特設サイト」
http://btos-project.com/


 リクルートによるこの取り組みに、RCFも協働させて頂いています。

「RCF×リクルートキャリア、ソーシャルセクターの人材育成・組織マネジメント向上への取り組み連携を開始!」
http://rcf311.com/2015/09/30/rcf_rca_cooperation/


 NPO領域では、2015年からお金回りでの環境が整備されつつあります。今日から解禁されるNPO向け信用保証制度もそうですし(※1)、ソーシャルインパクトボンドを通じて公領域への民間投資が進んだり(※2)、経済と社会の二つの成果目標をもつファンドが設立されたりしています(※3)。
 お金以上の重要な資源が、「人」。RCFでも、東北ではこの分野の必要性を訴えて、日本財団さん、復興庁さんと、人材支援の仕組みを作りました(※4)。また復興支援員制度の導入や、コミュニティ支援員制度の導入を働きかけてきました。リクルートさんによる三陸沿岸での人材支援の取り組みにもご協力しています(※4)。そうした取り組みを経て、今回、リクルートキャリアさんによるソーシャルセクターにおける人材支援の取り組みをご一緒しています。
 単純に、NPO向けに無償で人材紹介を行うのではなくて、NPO自体の採用力や、組織マネジメント力を高めることを特徴としています。お手伝いするNPOも増えていきますし、一般向けの情報提供も厚みを持たせていきます。これからの発展に、ぜひご期待ください。

※1「NPO向け信用保証制度のキックオフイベント、9月28日に開催です」
http://retz.seesaa.net/article/425589248.html

※2 「ソーシャルインパクトボンド、始まる」
http://retz.seesaa.net/article/417372267.html

※3 「グロービス堀代表が、インパクト投資ファンドを設立」
http://retz.seesaa.net/article/426903809.html

※4 「WORK FOR 東北」
http://www.work-for-tohoku.org/

※5 「Starting Over 三陸」
http://recruit-so.com/
posted by 藤沢烈 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック