2016年02月12日

新しい東北官民連携推進協議会に参加。(2月12日)

P2112595
宮城県の村井知事による挨拶。

 昨日は仙台。復興庁による「新しい東北交流会in仙台」(※1)に参加です。
 私はパネルディスカッションのモデレーターとして登壇。テーマは『この先の「復興支援」とは』。みやぎ連携復興センターの石塚さん、ロート製薬の河崎部長、ミュージックセキュリティーズの小松社長、そして10日に続き石巻市の笹野副市長といった、5年間復興支援をリードされた各セクターの皆さんと議論を深めました。
 コミュニティ、産業、担い手育成といった、復興に求められる課題は関係者にとって自明です。その上で、地域とNPO、企業と行政、支援者と被支援者といった違う立場同士が、いかに効果的に連携するか。その必要性と課題を掘り下げました。会場には100近くの復興関連のブースもでていて、盛況でした。私も、何人もの関係者とあちこちでお会いし、議論できました。

※1 「新しい東北交流会in仙台」 http://www.newtohoku.org/works_detail_015

posted by 藤沢烈 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433710498
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック