2016年02月13日

島根県雲南市を訪問。

IMG_5680
島根県雲南市にて。

 先週末になりますが、島根県雲南市を訪ねました。島根の定住財団からのお誘いで、島根NPOの皆さん向けに、東北での企業連携の取り組みをお伝えしに伺ったのです(※1)。
 島根県は全国的にも人口減がいち早く進んでいたこともあり、定住施策は1990年代から行っています。またコミュニティ形成を「ひと」を通じて行うことでも進んでいて、それが地域おこし協力隊や中越・東日本での復興支援員にもつながっています。東北で復興支援員に関する施策を進めてきたRCFにとっても「聖地」のような場所で、わくわくしながら皆さんの話を伺いました。
 一方、定住施策や地域の人材支援制度は一般化(コモディティ化)したため、全国各地と競争にさらされ、島根としても取り組みを新たにする必要があるそうです。島根に蓄積されたノウハウを東北に伝えつつ、なにか東北からもお返しできるようなことがあればと思います。先週は、企業との連携による地域支援について、まずは情報提供してまいりました。

※1 https://www.teiju.or.jp/local/?2015kenshu_tiiki_jissenn_sankasya

■こちらでも発信しています。
https://newspicks.com/user/162736/
https://twitter.com/retz
https://www.facebook.com/retzfujisawa
posted by 藤沢烈 at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433749461
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック