2016年03月08日

グーグルの復興支援の5年。(3月8日)

P3072760 (1)


 昨日7日は、グーグルによる復興支援報告会に参加しました。紹介されていた、最近のグーグルによる東北復興への取り組みを二つあげておきます。

1.「東日本大震災から5年、デジタルアーカイブを更新しました」
http://googlejapan.blogspot.jp/2016/03/5.html

 
 被災地域のストリートビューを59市19町4村、この一年で新たに撮影したことが報告されています。他の地域と違い、ほぼ毎年更新を続けていることで、復興のプロセスを追いかけることができます。

2.「未来への学び」
http://g.co/miraimanabi


 3月4日(金)、東北復興をささえる大手企業の取り組みを紹介するサイトが公開されました。グーグル、三菱商事、ヤマト、ロート製薬、UBS、資生堂、PwC、J&J、ソフトバンクという、5年たつ今でも東北復興に関わる企業ばかりの情報が掲載されています。地域と社会に関わる企業の姿をこれで知ることができます。

 5年前の震災直後。パーソンファインダー(安否確認サイト)始め、グーグルが怒涛の勢いで東北のためにプロダクトを生み続けたことに驚きました。その後、縁あってRCFとしてグーグルの復興プロジェクトに関与。陸前高田市役所や、原発20km圏内をデジタルアーカイブできたり、被災事業者を支援するイノベーション東北を企画推進したり。東北にとって貴重な取り組みを推進くれたグーグル社に、改めて御礼します。

■お知らせ
『復興が日本を変える』(ぎょうせい)を出版→http://amzn.to/1UD3tkV
3/9水「東北復興・創生人材セミナー」に登壇→http://ptix.co/1SejH3p
3/13日 8:25- NHKサキどり↑生放送に出演→http://www.nhk.or.jp/sakidori/
3/23水「レジリエンス社会とパートナーシップ」に登壇→http://bit.ly/1oTjyqj
NewsPicks→https://newspicks.com/user/162736/
twitter→@retz facebook→retzfujisawa
posted by 藤沢烈 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434692112
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック