2016年03月13日

映像で、ふるさとはよみがえる。(3月13日)

P3122770
イベント直前の、虎舞リハーサルの様子

 今朝がたは、サキどりご覧の皆様、有難うございました。「SANRIKU」のブランド化に向けて私も頑張ります。さて、昨日12日は、NHK盛岡放送局主催のイベントに参加しました。

「よみがえる ふるさとの情景のつどい 〜みらいへの一歩〜」
https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0276544/index.html


 「よみがえる ふるさとの情景」という、震災で失われた文化・風景を映像を通じて次世代に引き継ぐというNHK盛岡のローカル番組があります。「獅子踊り(宮古)」「あんど娘(大槌)」「虎舞(釜石)」という番組でも取り扱われた三つの伝統芸能が披露されたのが昨日のイベントでした。いずれも津波により文化が失われる危機にありましたが、映像がきっかけで復活したものもあります。
 祭や芸能は、ともすれば古臭いと思われがちです。しかし、ろ災害がある度に道具は作り直され、次世代に引き継がれます。そして地域コミュニティをつなぐきっかけとなります。祭や芸能を復活させることは、過去ではなく未来を創造することなのだ、と感じさせられました。
 倍賞千恵子さんや、以前お会いしたことがあるXUXUさん(アカペラユニット)もご一緒できたのもあり難かったです。両石虎舞保存会の皆さんの背中に虎(とら)とかかれ、その周りに桜(さくら)があしらわれているのをみて、倍賞さんが「とらと、さくら、ですね」とアドリブで話されたのには会場喝采でした。

■お知らせ
『復興が日本を変える』(ぎょうせい)を出版→http://amzn.to/1UD3tkV
3/13日 8:25- NHKサキどり↑生放送に出演→http://www.nhk.or.jp/sakidori/
3/23水「レジリエンス社会とパートナーシップ」に登壇→http://bit.ly/1oTjyqj
NewsPicks→https://newspicks.com/user/162736/
posted by 藤沢烈 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック