2016年03月18日

福島と岩手の復興ビジョンに関わる。(3月18日)

P3172850
岩手県庁の皆様と。

 昨日17日(木)は、福島と岩手に出張。福島県の社会福祉協議会さんと、被災した地域における地域福祉計画のビジョン策定をRCFでは担当しています。これまで南相馬市、双葉町で策定してきましたが、この半年では川内村と葛尾村を担当しています。避難状況や課題は千差万別。「原発事故への対応」と一口に言っても、地域別、もっといえばお一人お一人の状況によって支え方を変える必要があると感じています。
 岩手では、岩手県庁復興局さんと、三陸沿岸の復興のその先を見すえたビジョン作りをお手伝いしています。三陸沿岸の道路整備が進む中で、産業・観光・コミュニティといった各分野で新しい動きが生まれていることをこの一年実感しました。復興局の皆様も、この3月末をもって退任されたり、別の仕事に移られる方も少なくありません。民間団体には、行政による復興施策を次につなげていく役割もあります。
 さて、明日からのG1サミットに参加するため、沖縄に向かっています。

■お知らせ
『復興が日本を変える』(ぎょうせい)を出版→http://amzn.to/1UD3tkV
3/23水「レジリエンス社会とパートナーシップ」に登壇→http://bit.ly/1oTjyqj
NewsPicks→https://newspicks.com/user/162736/
posted by 藤沢烈 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック