2016年06月01日

G1・KIBOWソーシャルアワードの受賞 (6月1日)

D8A_4517trim
G1・KIBOWソーシャルアワード。

 「G1・KIBOWソーシャルアワード2016」社会起業家部門でアワードを頂戴しました。この社会起業家部門は、過去に大西健丞さん、宮城治男さん、佐藤大吾さんが受賞しているもの。今回は、ヤマトホールディングスの山内雅喜社長、SEKAI NO OWARIのFukaseさんと共に表彰されました。
 とりわけ"玄人"的な役割を評価頂ける内容で、黒子を自任している自分としては大変ありがたい賞です。賞に恥じないよう、東北や熊本の復興、そして日本にまだまだ潜む社会課題解決にむけて、歩んでいきたいと考えています。

代表 藤沢が「G1・KIBOWソーシャルアワード2016」受賞しました
http://rcf311.com/2016/05/31/160601_g1socialaward/


[読書]『原発避難者の声を聞く〜復興政策の何が問題か』(山本薫子ほか, 2015) 〜1702旅
「両親は『孫と離れたくないから帰らない』といっているが・・。(本当は)帰りたいのに嘘をついたまま避難先で死んでしまうのか、とも思うことがある」p22
「『住めないと頭では分かっているんだけれども戻りたい』という複雑な気持ちですね。そして、『戻りたい』というのは『住む』ということじゃないんだよね。『残したい』という話になってきたりとか・・」p25
「行政区内は家族みたいにみんな知ってたから・・そういうお隣さん、ご近所さんがいなくなったというストレスはすごいですね」

 原発事故による全町避難を強いられている、富岡町の皆様の生の声から、避難の実態を紹介している一冊です。富岡町の方にも話しを伺いますが、「帰還する、移住するの二択ではない。町民は本当は全員戻りたい」と話されます。希望と現実にズレがある部分に本質があるのです。福島に限らず、元住んでいた地域を離れた方ほど、体や心に負担がかかっている現実もあります。時間をかけたサポートが必要です。

posted by 藤沢烈 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック