2016年06月12日

仙台は再発見されるか。(6月12日)

P6111025
仙台青年会議所の例会にて。

 新公益連盟合宿を離れて、昨日はそのまま仙台へ。仙台青年会議所(JC)さんの依頼で講演とパネルディスカッションに参加させて頂きました。
 テーマは「仙台とイノベーション」。イノベーションは「技術革新」と訳されますが、初めて定義したシュンペ―ターは「新しい結合」であるとしています。地域経済でいえば、外部とのつながりを通じて、新しいサービスや販路を生み出すこと、ということになります。私と共に登壇された水野千夏さんは秋田で舞妓ビジネスを行っていますが、首都圏との繋ぎによって、舞妓を現代のサービスとして生まれ変わらせていました。これもイノベーション、ということになります。
 これまでは、仙台は経済圏の成長を背景に、東京から商品やサービスを"輸入"していました。しかし東北全体が人口減少する中で、人を集め続ける必要があります。そのためには、「ミニ東京」を目指すのではなく、復興をネタにするのでもなく、仙台と東北の古くて新しい良さを「再発見」していく必要がある。そうした議論を行いました。

[読書1709旅]『収監』(堀江貴文,2011)★3
「ちょうど収監のタイミングだったので『収監』というおどろおどろしいタイトルになってはいるが、これはあくまでも日本や世界のこれからの近未来がどうなるかを私の視点で語ったものである」p2
「『郷に入っては郷に従え』とばかりに、自分をアジャストさせてきた人も、近未来の世の中ではそんなことをする必要はない。自分自身の確固たる信念を持ち、また、それすらも柔軟に変化させていいのである」p214
『収監』(堀江貴文,2011)

 2011年に、堀江貴文さんが収監される時期に書かれた一冊。私も勘違いしたけれども、特別に収監についての想いが書かれたわけではなくて、日本や世界がどんな社会になるかの未来予想図です。ただ、五年たった今読んでも古いと感じることはなく、また彼が実際に収監されている間に、必ずしも日本がその通りに進化できていないと感じる点も多々あります。

posted by 藤沢烈 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック