2016年06月19日

NPOは、ボランティアからプロフェッショナルへ。(6月19日)

P3202897
宮城さん、吉田さん、階さんと。(3月撮影)

 少し前になりますが、今年3月のG1サミット(沖縄開催)で登壇した内容が動画で公開されていますので共有します。

「ボランティアから社会事業へ〜社会・地域を支える新しい担い手」(GLOBIS知見録)
http://globis.jp/article/4416


 ETIC宮城さんコーディネートの元、大学時代からの友人でかつソーシャルインパクトボンドのモデル事業をご一緒した横須賀市長の吉田さん、また岩手選出の国会議員である階猛さんとのセッションでした。社会的インパクトが高いNPOが増えることの必要性と取り組みについて、一時間じっくり議論できています(ちょっと早口なのを反省・・)。ぜひご覧ください。

[読書1714旅]『スター・ウォーズ論』(河原一久,2015)★3
「映画「スター・ウォーズ」が、数多ある他の映画と決定的に異なる点が一つある。  それは、他の映画が公開されるや否や、時の経過と共に「過去の映画」となっていくのに対し、スター・ウォーズは常に「現代の映画」であり続けているという点だ」
「「帝国の逆襲」の製作中に、サンフランシスコで黒澤明がコッポラと共にルーカスに会った時も、コッポラは、 「彼は無断で『隠し砦の三悪人』を使ったので、あなたに訴えられないかとビクビクしているんですよ」  と黒澤本人の前でルーカスをからかい、黒澤自身は、 「うまく使ってくれたから問題ないよ」  と言ってルーカスを安心させた」

 昨年末に公開されたスター・ウォーズ/エピソード7を劇場で観る直前にkindleで慌てて読んだ一冊です。そこまでのフリークではありませんが、私が生まれてすぐに始まったスターウォーズは気になる存在で、今後も新作ができる度に鑑賞してしまうのでしょう。本書では、スターウォーズの旧三部作・新三部作の製作背景が描かれていて、またディズニーが買収して以降のこれからの動向も理解できて、有意義でした。

posted by 藤沢烈 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック