2016年06月22日

五年という区切り。(6月22日)

P6200176
岡本全勝次官と。(6月21日撮影)

復興事務次官の岡本全勝さんが、昨日付で退任されました。朝日新聞に報道がなされ、またご自身のホームページでも挨拶をされています。

岡本前復興次官、内閣官房参与に 福島復興政策に専念へ(朝日新聞, 6月21日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6P4WB5J6PULZU00C.html


岡本全勝のホームページ
http://homepage3.nifty.com/zenshow/


 官僚というと硬直的なイメージをもたれる方が多いと思いますが、次官と話をしていると、むしろ民間の方が硬直的で縦割りだなあ、と感じる機会もしばしばでした。復興庁という職場も、全勝さんの思想かいきわたり、非常にフラットな職場になつていたように思います。ボランティア班や企業連携班をおいて一貫して官民連携を復興政策の軸においてくださいましたし、上の朝日新聞記事にもあるように、インフラ中心であった復興から、コミュニティと産業という切り口を導入されました。立場よりも、個人の志の大事さを。そして民間(企業・NPO)の重要性を、公務員である全勝さんからむしろ教わったように思います。
 6月は国家公務員の異動時期であり、震災から5年たって東北に派遣された多くの主要公務員も帰還の時期です。派遣副市長として最古参(5年)であった笹野さん、次に古かった角田さん(4年3カ月)も相次いで退任されています。

笹野石巻副市長退任 職員の闘志に支えられた(河北新報, 6月11日)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160611_11015.html

角田氏は今月末で退任(東海新報, 6月22日)
https://tohkaishimpo.com/2016/06/22/113145/


 みなさんと仕事を共にできたことは、自分にとっても大きな財産です。今日は、角田副市長はじめ、釜石や女川の行政関係者とお会いするためだけに釜石に向かいます。角田さんにも、これまでの取組に感謝申し上げられればと思います。
posted by 藤沢烈 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック