2016年06月25日

アートと復興。(6月25日)

13523785_1449681305058424_2086468802_o
長谷部貴美さん、谷澤邦彦さんと。

 ホワイトシップの長谷部貴美さん、谷澤邦彦さんとお昼をご一緒しました。ホワイトシップは、アートを通じて個人や組織の変革を促しているチームです。McKinsey時代の同僚がサポートしていたことで、10年程前から縁がありました。最近、実はRCFとホワイトシップが徒歩10秒(!)にあることを知り、あわててご近所ランチを企画したのです。最近はハーバードビジネスレビューでも連載されているのでご存じの方も多いと思います。
 復興におけるアートの意義について随分と話し込みました。震災後、緊急避難期(いまの熊本がそうです)では、『災害ユートピア』で描かれたように被災者の中では強い連帯感が生まれます。しかし、その後は被災者の中で差(避難所から出る人出ない人。被害が大きい人小さい人)が目につくようになり、むしろ疎外感が強まります。たとえば熊本地震では隣の家同士でも被害レベルが全く異なり、見舞金の額の少しの違いで、強い不満がうまれ、人の心が分断されたような状況になります。福島でも、避難指示の線の引き方でコミュニティに分断が生まれました。
 この状態は、金銭や議論では解決しません。その時に、アートが大きな力になることがあります。お二人も郡山で高校生にもプログラムを提供し、原発事故の影響もあってか引きこもりがちであった学生の生活に変化が生まれたこともあるそうです。
 NPOにとっても、アートは大きな可能性をもちます。NPOが抱えてしまう問題に「支援の目的化」があります。本来は、被災者の生活再建が目的で、支援は手段です。それが、支援を続けることが自己目的化し、被災者を固定化してしまうことがあるのです。自分達の取り組みや営みの本質とは何か?に目を向ける作用がアートにはあります。私の知人のNPO経営者も、ホワイトシップに通い続けて、自分達の事業や組織の社会的意味を問い直し続けているようです。
 RCFや新公益連盟におけるアートの可能性は何か。考えさせられるお昼のひと時でした。
posted by 藤沢烈 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック