2016年08月10日

シンゴジラと震災。/『真・政治力』(8月10日)

IMG_6237
シンゴジラ上映中。

 シンゴジラを観ました。ゴジラ上陸時に、水が船、自動車、そして人を飲込む。予想外に現れる放射能の影響。冷温停止をめざす官邸。「ゴジラを守れ」と官邸前で連呼するデモ隊。私としては、ゴジラ上陸と東日本大震災を重ねざるを得ませんでした。
 物語上の政府は、ゴジラなる未曾有の自然の産物を抑え込めたようにみえます。しかし現実の日本社会はどうでしょうか。映画同様の、東京での大きな被害が起きた際に、果たして的確な緊急対応と復興を進めることができるのでしょうか。東北や熊本の復興を支えるとともに、まだ見ぬ災害に備えよ。庵野監督はそのように伝えているように思えます。この夏、お勧めの一本です。

[読書1731旅]『真・政治力』(石破茂, 2013)★3
「津波で甚大な被害を受けたから集団移転しましょう。その土地も国が確保します。住宅建設にかかるお金も国が出します。そして『それは国民みんなの負担である』と言い切らない限り、物事は決して前に進みません」p134

 石破茂議員が、自民党幹事長の時に書いた一冊です。TPP、安保など難しいテーマに対して説明責任を果たしていくというスタンスが貫かれていて、考え方がすべて同じではありませんが納得感があります。震災復興も、説明責任が求められるテーマだと思います。地域が主体になることは論を待ちませんが、地域側には多様な意見があって時に正論が発せられないことがあります。政治家には、正論を発していく責務もあると思います。
posted by 藤沢烈 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440908539
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック