2016年08月12日

福岡「防災サミット」に8月24日、登壇します。

IMG_6251
等々力渓谷にて。

 8月24日、福岡市主催「防災サミット」に登壇します。高島市長モデレートの下、災害時の行政やNPOの役割についてお話しすることになっています。

福岡市「防災サミット」にて代表理事 藤沢がパネル登壇します
http://rcf311.com/2016/08/03/160824_fukuoka/


 4月の熊本地震の時には、高島市長は強いリーダーシップを発揮して熊本の市町村を支えました。災害時には基礎自治体が大きな役割を果たします。防災と復興において自治体がいかなる役割を果たせるのか。福岡での開催ではありますが、関心ある方はぜひお越し頂ければと思います。

[読書1732旅]『地域再生 滋賀の挑戦』(森川稔, 2011)★3
「県内の状況は人口が増加し経済活動が活発な県南部と、人口が減少傾向にあり経済活動が停滞気味の北部とに、大きく区分することができる」p15
「滋賀の観光事業における数字を見てみると、2005年度の観光消費額はおよそ2666億円で県内全生産額の約4.9%でしかない。県では、2009年に『新・滋賀県観光振興指針』を策定し、『観光地・滋賀の認知度向上』、『滋賀県の特性を生かした国際観光・滞在型観光の振興』、『観光交流の活性化に向けた受入れ環境の整備』を基本目標として2013年度の観光消費額3000億円を目指している」p239

 引き続き滋賀に関連した本を読んでいます。滋賀県立大学の先生方を中心に、27人の滋賀関係者によるレポートです。滋賀といっても、都市に近いエリアから過疎地域まで幅広く存在していること。隣の京都と比べるまでもなく、外へのブランド化が立ち遅れていて、観光に大きな課題があること。東北ともまったく同じ構造を持つことが分かります。

posted by 藤沢烈 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック