2016年09月11日

震災から5年半。(9月11日)

IMG_6400
赤坂迎賓館にて。

 今日で、震災から5年半が経過しました。福島県からの避難者9万人(県内5万人、県外4万人)を筆頭に、14万強の方が仮設住宅などで避難生活を続けています。支援活動ができる方は少ないと思いますが、こうした方々がいることは、ぜひ頭の片隅に留めて頂ければと思うのです。
 東日本大震災は11日、発生から5年半を迎える。被災地では、遅れていた住まいの再建が本格化しているが、いまも約14万4000人が避難生活を送る。
『東日本大震災5年半 避難なお14万4000人』(毎日新聞, 9月11日)
http://www.sankei.com/affairs/news/160911/afr1609110006-n1.html

 
[1745旅]『誰でもできるロビイング入門』(明智カイト,2015)★4
「これまで弱者やマイノリティを守るためのロビー活動を行う人間が足りなかった。私はNPOやソーシャルビジネスの担い手が事業と結びつけて、弱者やマイノリティを守るロビイングを行うのがよいと考えている」p8
「民主党は『テーマ』を重視しており、『何に困っていて、それを解決するためにはどうすればよいのか』ということを議論することで政策をつくり上げていく。一方で自民党の場合は『人』を見る。『この人のために自分は政治家として仕事をすることができるのだろうか』というところを見たいというわけである」p215

 日本では「ロビイング」という言葉のイメージが良くありません。業界団体や企業が、自分達の利益に誘導するために用いるイメージがあるからでしょう。一方、NPOが公益のために行うロビイングもあるわけです。そうした「草の根ロビイング」について書かれた実践的な著作です。分野ごとに、ロビイングの実例が豊富に掲載されていて、参考になります。
posted by 藤沢烈 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック