2016年09月12日

コレクティブ・インパクトを学ぶ。(9月12日)

IMG_6395
コレクティブ・インパクト研修にて。(9月10日)

 土曜日は、新公益連盟主催による、「コレクティブインパクト研修」を行いました。講師は、2000年から日本の社会起業家シーンをリードして下さっている井上夫妻。素晴らしい内容だったわけですが、ここでは、新公益連盟がコレクティブ・インパクトを推進しようとしている背景を紹介します。
  9月2日の日経記事でも、新公益連盟が「コレクティブ・インパクトの実現」を目指していることを報じて頂いています。
「目指すのは行政や企業、住民をも巻き込み、組織や立場の壁を越えて成果を出す「コレクティブ・インパクト」。米国でも最近よく聞くようになった言葉だ。NPOや社会起業家の認知度が高まるなか、内輪のサークル活動に終わらせず、真のインパクトを生み出せるかに注目が集まる」
社会起業家が新公益連盟――分野の枠超え政策提言、社会貢献、顔ぶれ多彩(日本経済新聞)
http://rcf311.com/2016/09/02/160902_shinkoren/

 新公連の代表である駒崎弘樹さんのフローレンスは400名の組織となっています。しかし駒崎さんは、子ども達を取り巻く日本の社会課題が解決に至ったとはとても言えない現実に気づき、自団体を越えた連携が必要だと考えていました。そうした背景で新公連は設立されましたが、偶然(ある意味必然)にも、米国でも同じ問題意識が上がっていました。Teach for americaを始め、10万人単位で教育機会を提供するスーパーNPOが生まれたにも関わらず、米国の教育問題は悪化する一方だったのです。米国ではそうした反省に立ち返り、政府・企業・NPOが一丸となって教育課題を解決する流れ(=コレクティブ・インパクト)が生まれたのです。
 日本では、東日本大震災を契機に、セクターを越えて復興を進める必要性があることを行政が企業が特に気づきました(※1)。そして新公益連盟を一つのプラットフォームとして、コレクティブ・インパクトの流れを日本国内でも進めていくことになります。そのことを改めて実感させられた、土曜日の研修でした。

※1 詳細は、岡本全勝さん(前・復興事務次官)、青柳光昌さん(日本財団)との共著『復興が日本を変える』を是非お読みください。

[1746旅]『リーダーの本棚』(日本経済新聞社, 2016)★3
「連載を続けながらいつも驚かされるのは、登場するリーダー各氏の読書の幅の広さである。当然といえば当然だが経営者が経済書ばかりを読むわけではない。どの分野の方も、国際政治や小説、科学書、歴史書、宗教書、古典など実に様々な本を手に取り、楽しみとして読むだけではなく、生き方や仕事に生かしている」p4
 最近読書量を少しずつ戻しています。そのため、書評本を手に取って、何を読むべきかを吟味していて、その流れでこの本も読みました。引用したように、ビジネス書よりも、歴史や科学の本が数多く紹介されています。リーダー程に多くの本を読んでいることが分かりますし、また経営上の悩みを、古典の著者にぶつけていたのだな、とよくわかるブックリストになっていました。
posted by 藤沢烈 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441854637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック