2016年09月13日

KIBOW社会投資のボードミーティングに参加。(9月13日)

IMG_6402
グロービスさんにて。

 昨晩は夜20時から、KIBOW社会投資のアドバイザリーボート会議に参加。KIBOWさんは、グロービス堀義人学長が中心となって設立された、国内初の社会的投資ファンドを運営しています。

KIBOWインパクト投資とは
http://kibowproject.jp/investment/impact.html


 私もアドバイザリーの末席に加わっていて、昨日は半年に一回のアドバイザリー会議でした。議論の中心は、2号案件について。地方都市の中心市街地が空洞化が続く中、あえて映画館を再生することでコミュニティ活性化を目指すユニークな事業に投資をされています。

KIBOW社会投資ファンド、シーズオブウィッシュに出資〜街の映画館再生を通して地域を活性化する社会的事業を支援
http://www.globis.co.jp/news/release/20160831_kibow.html

 事業時代の採算を合わせていくと同時に、いかに地域社会への貢献を進めていくか。堀学長はじめ、駒崎弘樹さんや青柳光昌さんといったアドバイザリーの仲間と喧々諤々議論しました。社会的事業にとって市場原理はどこまで活かせるのか。限界はどこなのか。ゼロイチではない、様々なアプローチがありえることが、議論の中からも見えてきたように思います。健全な事業成長と、着実な社会貢献の二つが達成できていることが、社会的事業にとっての課題になっていくと実感しています。

[1747旅]『「読まなくてもいい本」の読書案内』(橘玲, 2015)★3
「日本の社会で『リベラル(自由主義者)』と呼ばれているひとたちは、大学の教員にしても、マスメディアの正社員にしても、自分達の組織が弱者を差別していることには知らない顔をして、『国家権力』なるもの(安倍政権とか)とたたかう振りをしてカッコつけているだけだ。フーコーが教えてくれたように、ひとはエラくなるほど自らの内なる権力から目を背け、外に敵を作って偽善を隠蔽しようとする」p319

 複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学、情報通信、という5つの科学分野にそって必読文献を紹介した一冊です。こうした新しい知のパラダイムにそった本以外は「読まなくてもいい」とバッサリ切る筆者のスタンスが爽快です。


posted by 藤沢烈 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック