2016年09月14日

J-WAVEに今晩、スタジオ出演します。(9月14日)

14329146_1053606774734526_1028600574_o
新公益連盟の幹事会にて。

 本日、J-WAVE JAM THE WORLDに出演します。「BREAKTHROUGH!」というコーナーで、20:55-21:30の間20分程度の出演とのことです。フォトジャーナリストの安田菜津紀さんと、新公益連盟、それからコレクティブインパクトについて語り合うことになっています。

http://www.j-wave.co.jp/today/index.html?0914
(夜20時台をご覧ください)

 コレクティブインパクトについては丁度先週末に研修会を行いましたし(※1)、昨日は新公益連盟の幹事会が行われ、コレクティブインパクトの実現に向けて具体的な方針が定まったところです。日本で広まりつつある、この新しい考え方について知って頂く機会になればと思います。

※1 「コレクティブ・インパクトを学ぶ。」(藤沢烈BLOG)
http://retz.seesaa.net/article/441854637.html


[1748旅]『上手な求人広告の出しかた』(内田ひろし, 2016) ★3
「1-2名の人材を募集したい時、おおよそ何人くらいの人材を面接すればよいと思いますか?私のこれまでの経験から導き出した答えは、募集人数の約4倍です」p27
「『商売柄、お客様はお年寄りの方が多く、落ち着いて接客出きます。やたら大声を出さなくていいのです』ということを明確にうたいました。すると、五名の応募があり二名採用となりました」p80

 福島の事業者に対する求人支援を行っているため、いかに人材確保をするかについて、最近勉強しています。コア人材が入ることは、事業者にとってとても大きなインパクトがあります。一方で、求人対策が十分できていない現状が地域にはあります。都市部では当たり前に行われている取組を導入するだけで、地域にとっては大きな成果が出るように思います。

posted by 藤沢烈 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック