2016年10月25日

スポーツ・文化・ワールド・フォーラムに登壇しました。(10月24日)

IMG_6572
スポーツ・文化・ワールド・フォーラムにて。

 先週の話になりますが、「スポーツ・文化版ダボス会議」である、スポーツ・文化・ワールド・フォーラムで行われた一セッションに登壇しました。

「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」官民ワークショップに代表藤沢が登壇します(RCF)
http://rcf311.com/2016/10/06/161020mext/


 アクセンチュアさんの主催セッションであり、地方創生担当の山本大臣、日本交通の川鍋社長らが、「サーキュラーエコノミー」について意見を交わしました。サーキュラーエコノミーとは、循環型経済と訳せばよいのでしょうか。既にある製品や、遊休資産の活用によって、新しい価値を創造するという考え方です。山本大臣は、日本では資源の再活用は江戸時代から長く日本社会に根付いたことを説明。川鍋社長は、タクシー業界が、その資源をまだまだ活用できることを紹介。私は、ちょうど一日前の10月20日に行われた釜石市とairbnb社の覚書締結について情報提供しました。
 災害が起きると、元通りに戻すことが予算が投じられるため、将来の人口減少下の街に対応できない復興が進められてしまいます。サーキュラーエコノミーのような考え方は、災害復旧・復興や、これからの地方創生の分野でこそ生きるように感じます。

[1757旅]『災害対策全書 4 防災・減災』(災害対策全書編集企画委員会, 2011)★4
「市民と取り組む震災復興まちづくり訓練を通して、被害と再建プロセスを追体験し仮設住宅用地の事前検討など、事後も見据えた事前の取組如何で発災後の困難さが軽くなっていくことが共有され、実際に事前の取組に着手している地域もある」p101

 災害復旧・復興のバイブルである本シリーズの四冊目です。今度放送されるNHKラジオでもテーマにした、「事前復興」についても当然ふれられています。ただし、インフラ復旧、仮設住宅用地検討などのハード面が中心。コミュニティ形成や産業再生といったソフト面での事前復興についても必要と認識されたのは、やはり東日本大震災以降のことです。


posted by 藤沢烈 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443103299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック