2017年10月07日

地域×シェアリングエコノミーについてのセミナーに登壇します。10月23日品川で開催。

og_kyoso171023_2.png
共創セミナー、昨年の様子。

 「シェアリングエコノミー」という言葉が全国に広がっていますが、関連するセミナーが10月23日に品川で開催されます。
第三回となる今回のセミナーテーマは、いま大注目のキーワード「シェアリングエコノミー」。昨年10月にホームシェアリング仲介世界最大手のAirbnb Japan(以下Airbnb)と観光促進の覚書を結んだ岩手県釜石市。両者の狙いは何か、具体的にどんな活動を行い、どんな課題に向き合っているのか?釜石市、Airbnbのキーパーソンをゲストに迎え、本音トークを繰り広げます。
《10/23開催・要申込》シェアリングエコノミーがもたらす地方と都会/海外の新たな可能性「共創イノベーションセミナー」
http://rcf311.com/2017/10/03/171023seminar/

 シェアリングエコノミーとは、「個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービス」と定義されます。
 地域(ローカル)では、2つの側面でシェアリングエコノミーが求められています。1つは需要。人口減少が進む地域では、サービスは減少していきます。しかし一年一年の人口減少幅は数%ですから、減り以上にサービスが求められます。そこで既存の資産をフル活用して需要に答えていく必要があるのです。いま1つは供給。空き家や公共施設、道路などが地域にはまだまだあって、これからを活用することが求められています。こうした需要と供給の面から、地域でのシェアリングエコノミーは注目されているのです。
 ただし、それだけでは効率化の観点のみとなります。私は地域からこそ、日本中に必要なイノベーションを起こすことが可能だと考えています。そのキーワードは「非市場戦略」。市場が成り立ちにくい地域であるため、企業だけでなく行政・住民・NPOが連携して新しいサービスを生み出すことが求められています。この環境で産まれるサービスが、やがて都市部の市場にも応用されていくのでは、と考えています。・・そんな話ができればと思っていますので、23日はぜひ起こし下さいませ。

□社会事業コーディネーター日誌
 連休の今日・明日は、福島県川内村と田村市で、まさに地域での起業を考えるツアーを行います。ユーグレナの出雲さんにも同行して頂けます。午前中は雨ですが、その後は、からりと晴れる模様ですね。

□登壇・出演情報
10/7土~8日 FVC川内村現地ツアーに参加
10/14土~15日 G1九州inハウステンボスに参加
10/23月 JEBDA共創イノベーションセミナーに登壇 http://www.jebda.com/seminor20171023.html

posted by 藤沢烈 at 09:25| Comment(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。