2017年10月10日

川内村・田村市で、非市場戦略による起業を考える。(10月10日)

22256673_506216016410394_8646280598823540111_o.jpg
川内村にできたワイナリーにて。

 土日は、FVC(フロンティアベンチャーコミュニティ)の取組の一環で、川内村・田村市への視察ツアーを実施しました。

食・農・観光「地域資源を活かした起業」を考える〜川内村・田村市現地視察ツアー〜
https://fvc-fukushima.com/schedule.html


 川内村の遠藤村長や、田村市の皮籠石副市長という行政トップの講話。ユーグレナ出雲社長、商工会井出会長、コドモエナジー岩本社長、かわうちワイン高木社長といった経営者の講話。また田村・川内の商品や流通、観光拠点といった現場を見て回りました。川内村の食材をつかったBBQも。
 個人的にも大変な勉強になりました。地域、とりわけ福島での起業はまだまだ市場経済だけでは成り立たない面があります。したがって、様々な制度や応援をベースとした「非市場戦略」による事業参入が求められます。実際、かわうちワイン社は、非営利団体からスタートさせ、復興庁による助成、地域おこし協力隊の活用、地域のボランティアの協力、川内村からの出資などをフル回転させながら事業を立ち上げています。もちろん補助は続きませんから、3年程度で自走させるための事業計画も求められます。公共性も必要になりますし、地域との強い協力関係も必要です。こうした非市場戦略を達成することで、参入障壁が高く、実は安定し、かつ地域にとっての公共性ももつローカルベンチャーが産まれるように思います。
 FVCでは、引き続き、福島での事業化についての機会提供を続けていきます。ご関心をもって頂ければと思います。

□登壇・出演情報
10/7土~8日 FVC川内村現地ツアーに参加
10/14土~15日 G1九州inハウステンボスに参加
10/23月 JEBDA共創イノベーションセミナーに登壇 http://www.jebda.com/seminor20171023.html
posted by 藤沢烈 at 09:03| Comment(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。