2017年11月16日

三陸の自治体は手を取り合えるか〜陸前高田出張。(11月16日)

IMG_20171115_124303.jpg
箱根山テラスにて。


 三陸創生実践塾で講義をするために、陸前高田・箱根山テラスを訪れました。震災でダメージをうけ、復興に向けて歩みを続ける、沿岸市町村の若手職員が集い、ポスト復興を見据えた政策をいかに練り上げるかを考える県主催の塾となります。関満博先生が塾長となって、私もその部下として講義の一部を担当しました。
 岩手県では2018年までで復興基本計画が終わります。2019年にはラクビーワールドカップが釜石でも実施され、三陸鉄道が全線開通し、また三陸復興博も開催されます。「復興」が計画上終わるわけですが、同時に復興需要が減少することも意味しています。また大きなインフラ投資を行いましたから、今後維持費がこの地域には大きくのしかかります。三陸が復興をこえて発展するためには、各市町村の若手リーダーが強く連携することが必須でしょう。そうした期待をこめて、いくつかの話をさせていただきました。

□出版情報
『人生100年時代の国家戦略~小泉小委員会の500日』(東洋経済新報社), 12月8日発売。予約受付中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4492212353/

□登壇・出演情報
11/17金 新公益連盟幹事会
11/18土 日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム・リディラバ「できたかも委員会」ゲスト
11/20月 公益法人協会トップマネジメントセミナーで講演
11/21火 FVCミートアップ@浜松町
11/22水 聖火リレー検討委員会
posted by 藤沢烈 at 17:09| Comment(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。