2017年11月21日

公益とは何か。(11月21日)

IMG_20171120_153928.jpg
逗子・湘南国際村より。


 20日は、公益法人協会さんにセミナーに招いていただき、新公益連盟事務局長として話をさせて頂きました。
 理事長の雨宮孝子さんや、理事の山岡義典さんといったNPOを牽引されてきた方々や、伝統と歴史ある公益法人の役員の皆様向けに話をするということで、久々に緊張をしておりましたが、皆様に温かく迎えて頂けました。「新公益」という、考えてみれば意欲的すぎる名前がついていたことで、常務理事の鶴見さんに関心をもって頂けたのだと思います。
 こども宅食やスタディクーポンといった、行政・企業と連携し、またふるさと納税やクラウドファンディング、バウチャー、LINE連動などの現代的なツールを使いつつ課題解決を進めていること。また新公益連盟44団体への調査を通じて見えてきた「ソーシャルというキャリア」の可能性と課題についても共有しました(この調査については12月に一般公開致します)。こうした側面から、我々が考える「新しい公益」について、いくばくかお伝えすることができたように思います。
 「公益を進める上では排除があってはいけない」との皆さんの言葉に勇気づけられました。新公益連盟は、新しい方法論を常に模索しながらも、あらゆる関係者とつながりながら、社会性を高めていきたいと考えています。公益を担われてきた先輩方と繋がりながら、引き続き、21世紀の公益とは何か、考え続けていきたいと思うのです。

□出版情報
『人生100年時代の国家戦略~小泉小委員会の500日』(東洋経済新報社), 12月8日発売。予約受付中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4492212353/

□登壇・出演情報
11/21火 FVCミートアップ@浜松町
11/22水 聖火リレー検討委員会
11/24金 仙台の夕べに参加
11/29水 都立西高校でのスピーチ、ふくしまふれあい懇談会に参加
posted by 藤沢烈 at 08:14| Comment(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。