2018年02月15日

イラクと東北の復興について。(2月15日)

IMG_20180214_113435.jpg
イラク国会議員の皆様と。

 昨日は、JICAのコーディネイトにより、イラクの国会議員向けに、企業による復興段階での活躍を紹介しました。背景については下記の記事を参考にしてください。

『イラク国会議員等5名による堀井巌外務大臣政務官表敬』(外務省, 2/14)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005648.html


 同時にプレゼンテーションしたのは、岡本全勝さん(元復興事務次官)、多田一彦(遠野まごころネット)。行政、NPO、私からは企業支援という観点から、インフラだけではなく産業再生とコミュニティ再建が長期の復興において重要であること。また国際社会・政府だけではなく、地域住民や民間企業・NPOの重要性をお伝えしました。イラクの皆さんは理解力が高く、また「人の復興が重要だと思う」と話されていました。
 丁度、クウェートではイラク復興に向けた国際会議が開催されます。まずはインフラ・住宅・医療機関・学校などの建設が大事です。その上で、地域住民がリードする形で復興が進むための環境整備を、イラク政府には期待したいと思います。日本における復興プロセスの経験も、海外に役立つ側面もあるように思います。

□出版情報
『人生100年時代の国家戦略~小泉小委員会の500日』(東洋経済新報社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4492212353/
posted by 藤沢烈 at 08:46| Comment(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。