2018年04月02日

8年目のはじまり。(4月2日)

IMG_20180324_080457.jpg
麹町にて。

 新年度になりました。
 東日本大震災から7年強が経ったわけですが、個人的に3年目よりも5年目よりも、このタイミングが区切りとなったように思います。
 岩手・宮城の復旧復興事業は進展し、福島も多くの避難地域の帰還が始まって一年経過しました。企業・行政・NPOのいずれも復興について区切りを迎えつつあるように思います。
 RCFもその例から外れません。この3月で、4年強活動を続けてきた、双葉町と大熊町の復興支援員事業について、RCFとしての関わりが終わることになりました(事業としては引き継ぎとなります)。双葉町復興支援員については、メンバーが町民の皆さん向けのブログを書いていました。その最後のメッセージが下記にありますので、ぜひ読んで頂ければ幸いです。(事業終了に伴い、5月末にクローズの予定です)
 
ふたさぽブログ(双葉町復興支援員ブログ)
https://futasapoblog.wordpress.com/

 役割を終える事業もありますが、東北への関わりについても、その他地域や、別の社会テーマについての新しい役割も増えることになります。事業が正式決定次第、お伝えしていきます。

□出版情報
『人生100年時代の国家戦略~小泉小委員会の500日』(東洋経済新報社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4492212353/
posted by 藤沢烈 at 08:50| Comment(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。