2018年04月10日

音喜多駿氏による小泉小委へのコメント。(4月10日)

image.png

東京都議の音喜多駿氏が、『人生100年時代の国家戦略』を読んだ感想をインタビューで応えています。

ブロガー議員は「人生100年時代」をこう見る(東洋経済オンライン)
https://toyokeizai.net/articles/-/214662


 共感する点が多いとする一方で、「こども保険を高齢者も負担すべきであり、医療費などもカットすべき」「年金の受給年齢引き下げはいますぐ議論すべき」など、より施策を強めるべきと語られています。
本には書き記しましたが、小泉小委員会ではかなり踏み込んだ議論もされています。メディアに発表する時は抑えたトーンでしたが、解雇規制の緩和や、高齢者が一律に負担割合が低いことについても突っ込んだ議論がなされていました。
個人的には、安倍政権には様々な問題があれど、金融政策は賛成の立場です。他方、社会保障改革は進んでいるとは言えません。与野党超えて、時代にあった制度について議論が進むことを願っています。

□出版情報
『人生100年時代の国家戦略~小泉小委員会の500日』(東洋経済新報社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4492212353/
posted by 藤沢烈 at 08:55| Comment(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。