2018年04月11日

希望の道を、つなごう。〜東京五輪聖火リレーの概要が公表されました。(4月11日)

father-and-son-2258681_1280.jpg

 昨日、東京五輪組織委、政府、東京都らが調整会議を開き、聖火リレーの概要をかため、公表しました。私は組織委の聖火リレー検討委員の一人でしたが、これで1つの区切りとなった思いがあります。

聖火リレー、114日で列島回る 開始前に被災地へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29216840Q8A410C1CC1000/


さて、今回の発表のポイントは3つあります。

■1. 被災地は3日。(日程の決定)
 被災三県を3日、東京を15日、その他を2日など、全体で114日で回る案となりました。3月11日前後からスタートするという話もありましたが、3月下旬から始まることになる模様です。

■2. 希望の道を、つなごう。(コンセプトの公表)
 「希望の道を、つなごう。~Hope Lights Our Way」が、
 コンセプトとなりました。こちらもコピーライターが検討した複数の案を、検討委員が協議し提案していたものです。あくまで前向きで、しかし鎮魂も感じさせる復興五輪をイメージさせる文言になったように思います。

■3. スタート地点は先送り。
 東北なのか沖縄なのか、といった議論がありましたが、昨日の調整会議では出発地の決定は見送られています。ただし、スタートの前に聖火が岩手・宮城・福島で展示されていることが決まりました。

 今後は、各県で聖火リレーの実行委員会が立ち上がり、細かなルートやランナーについて協議が開始されます。東北三県は3日ありますから、被災沿岸も内陸も、しっかりと回って頂ければと思います。

□出版情報
『人生100年時代の国家戦略~小泉小委員会の500日』(東洋経済新報社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4492212353/
posted by 藤沢烈 at 06:50| Comment(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。