2018年06月19日

災害時の行政リーダーの役割とは。(6月19日)

image.png
福岡市と熊本市の災害対応風景。

 昨朝、大阪で震度6弱を記録する震災が発生しました。被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。

 RCFの防災関連の取り組みとして、グーグル社による災害直後の主に情報面での対応をまとめた仕事があります。


自治体の対応から、災害における情報マネジメントのポイントを学ぶ(未来への学び)



 こちらでも紹介した福岡市の高島市長や、熊本市の大西市長は、今回の災害でも早速ツイッターを用いた情報発信をされています。








 東日本大震災も熊本地震も、大きな余震の後に本震がやってきました。大阪でもさらに大きな地震が発生する可能性はあります。大阪の皆さんは、引き続き警戒していただければと思います。

 全国の自治体の皆さんも、改めて災害対応のあり方について、点検作業を進めていただければと思います。



posted by 藤沢烈 at 08:50| Comment(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。