2018年08月14日

クラウドファンディング支援金を、宇和島市かんきつ農家の皆さんにお渡ししました。

IMG_20180813_144504.jpg
宇和島市役所に掲示されたクラウドファンディング支援の報告

 13日は愛媛県宇和島市を訪問しました。二週間、多くの皆様に応援いただき成立した、「かんきつ農家支援クラウドファンディング」の贈呈式に参加するためです。

『クラウドファンディングで募った支援金 約508万円に』(テレビ愛媛)
https://www.fnn.jp/posts/775EBC

『ネット資金で農家支援…かんきつ類被害の愛媛』(産経新聞)
https://www.sankei.com/west/news/180813/wst1808130056-n1.html


 クラウドファンディングは当初200万円のところ、最終的に616名の方から508万8千円の支援を頂きました。この費用はまずは水中ポンプ・貯水タンクの購入や、復興支援を広げるための新しい「みかんダンボール箱」の製作に充てられます。
 昨日は、岡原市長の立会の下、JAえひめ南の黒田組合長と、柑橘農家を代表して小清水千明さんが参加。私から目録を読み上げ、また応援メッセージが詰まったパネルをご提供しました。
 愛媛県と宇和島市の強い連携、堀潤さんの取材、多くの方々による発信拡散、そして何より柑橘農家の皆さんとJAえひめ南さんの復興にむけて奮闘されている姿が伝わったことが、短期間での成果につながりました。多くの方の応援に、改めて感謝申し上げます。
 支援された皆様には、今後も復興の様子をお伝えしていきます。復興までこれから長くかかりますが、ぜひ関心を持ち続けて頂ければと思います。今年は例年通りの味とはいかないかもしれませんが、9月以降収穫がはじまる蜜柑を応援して頂ければと思います。


posted by 藤沢烈 at 08:42| Comment(0) | 街と人の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。